モテそうな「アモーレの人」ですら、スグには動かなかったでしょ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんばんは、
リョージです。

昨日テレビをつけたらたまたま、
アモーレの人(誰だっけ?)と
平愛梨さんが生出演されていました。

婚約されたんですね。

 

お付き合いのきっかけは愛梨さんが、
「好きになってしまったかも知れない」

と自分でも自分の気持ちがよくわからず
泣きながらとっさに言っっちゃった
ところから始まったそうです
(ザックリ言うと)。

それに対してアモーレの彼は、
「次に付き合うのは
結婚を考えられる人にするつもりだから、
まずはお互いを良く知りましょう」
と。

 

そして1ヶ月後に
「結婚を前提に付き合ってください」

男は
「あなたが気になる=好き」ではない
という昨日の話の続きでいうと・・・

男性は結婚を意識していても、
『彼女イイな』と思っていても、
『その気』スイッチが入らないと
やっぱりすぐには動かないんですね
(サッカーはメッチャ速攻なくせに)。

 

ですからあなたは男性に出会ったら、
彼の好みに興味関心を持ち、
その中からあなたの好みとの
共通点を探す。

できればそれが、
他の女性とは違う
あなた独自の役割でつなががれると
話しが早いです。

 

逆もあります。

好みではなく、
彼のコンプレックスを克服できる
あなた独自の役割があると、
もっと早いです。

あなたはひたすら応援するだけで
彼はどんどん自信をつけて、
勇気の源になったあなたを
手放せなくなるでしょう。

 

ちなみに我が家は
サラリーマン家庭ではありません。

ですからボクは結婚前、
毎月同じ収入がないことに
不安を抱いていました。

そこで付き合い始めた直後の彼女が
当時のボクに何と言ったかというと、
「おカネが足りなくなったら、
2人で稼げばいいんじゃないの?」

 

これでもう結婚は決まりなわけです。

決まりなだけでなく、
妻の収入に一度も頼ることなく
(当たり前ですが)、
我が家の家計は安定の一途ですし、
クライアントさんたちも、
着々と成果を積み重ねてきています。

男はそんなものです

先に与えた妻は
狙ったわけじゃないと思うけれど、
かしこかったなと思います。

 

あなたもボクの妻のように、
目の前の彼の「キラーキーワード」を
見つけることができれば
(本当にそう思ってなきゃダメですが)、
結婚は自動的に決まってしまいます。

男性にエスコート力を求めてしまうのは、
女性として当然の心理だと思います。

ということは、
出会いのサービスを検索する前に
『リードして彼女をモノにしよう』
と思われるあなたになることを目指す、
と決めてみたらどうでしょうか?

 

それがあなたにとっても
これから出会う男性たちにとっても
イイ話じゃないですか?

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごしください。

 

ps.
男性でもあなたに『ピン!』と来て、
はじめからガンガン動く場合もあります。

一方で『落とす』ことを目的として、
はじめからガンガン動くのもいます。

あなたは男性に媚びている女性を
『彼女が本気なわけないじゃん』
とすぐ見抜くことができますよね?

でも男性にはわからないのです。

それと同じように、
男性も『ピン!』か『落とす』かは、
男性から見れば瞬時にわかります。

婚活中あなた自身で身を守り、
恋愛ではなく結婚に向かいたいなら、
女子同士ではなく
周りの男性に助言を求めましょう。

The following two tabs change content below.
1971年東京生、既婚。婚活セミナー講師。パーソナルマリッジコーディネータ。 「『結婚したい』と願っているけれど、婚活が停滞中の30代独身女性が、①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、②半年でプロポーズされ、③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスを専門にしています。 サポートの特徴は①結婚した人たちだけの共通点、②男性心理の先読み、③時間を一番大切にすることの3つです。 いままでの婚活セミナー参加者は287名さま。直接アドバイスを受けたクライアントは93名さま。うちご結婚されたのは、71%の66名さまいらっしゃいます(2017年4月現在)。 もしあなたも『最後の婚活にしたい』と思われたら、この無料婚活セミナーを体験してみてください。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 婚活お悩み解消
  2. 婚活のタブー
  3. 婚活が面倒くさい時
  4. 婚活セミナーその後
  5. 男性の結婚の条件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP