こんばんは、
竹内リョージです。

おとといは
クライアントさんたちとの
月1回の勉強会でした。

新年会っぽい懇親会の帰り、
クリスマスにプロポーズされた
Sさんと途中まで電車が一緒でした。

そして東京駅で待ち合わせを
されていた彼に、
ご挨拶させていただけました。

男が思うイイ男
(幸せのテッパンです)。

頼りがいと包容力がありそうで、
勝手に身内の気分で
ホッとさせていただきました。

 

そして昨日はライブセミナー。

とても和やかな雰囲気の中、
あっという間の2時間半でした。

みなさんそれなりに
課題をお持ちですが、
そんな中でも
イイ雰囲気を作ってくださると、
お伝えする内容も量も
まったく変わりますね。

そのあたり、
やっぱり女性にはかなわないです。

 

さて今回は、
いただいた感想をお届けします。

広島から日帰りでいらっしゃった
Tさん。

「今年こそは!」の思いが、
セミナー中も伝わってきました。

Tさん(39歳女性)
「いままで結婚はしたい
という思いを持ちつつも、

二十代を勉強や試験、
そして結婚まで至らなかった
恋愛に費やし、

三十代は仕事をメインに
据えてしまい、
気がついたらもう40手前。

一時は
結婚という形をとらなくても
精神的な支えがあれば
と思ったこともあったけれど、

やはり家族がほしい、
という気持ちが強く、
でもほとんど良い御縁がない、
ということで悩んでいました。

結婚相談所(O、S)に
話を聞きに行きましたが、
カウンセラーの方の
商業ベースの対応、
個人情報の心配で踏み切れず、

親が信頼している仲人さんにだけ
お願いをして、
お付き合いに至っていますが
結婚というところまで
たどり着けていません。

リョージ先生については、
メールマガジンの内容が
他とは違うと感じたので、
申し込ませていただきました。

前に行ったOやS(結婚相談所)
とは全く違う、
深い所からのアプローチが
良かったです。

また画一的な様子でなかったのも
よかたです。

今日の気付きは、
もう少し快・不快で判断しよう、
というのと、
成功例の方々とは格段に
人と会う数が少ないので、
もう少したくさん
会わなければいけないな、
と思いました。

今日のセミナーは、
行き詰まった方が聞かれると
何か開けるかもしれない、
と思いました。

ただ、婚活を始める方にも、
道を間違えて時間を浪費しない
ために役立つのではないかな、
と思いました」

Tさん、
ありがとうございました。

「深い所からのアプローチ」

とても核心的な部分を
挙げていただき、
嬉しく思います。

 

★口角はパーティー会場入りから
ハケるまで終始上げっぱなしで

★話を聞いてもらいたい時は
彼が話したそうな話を先にしよう

★会話は出来事より感情を伝える

それぞれにまた具体例があるので、
キリがありません。

なので
浅い所からのテクニックの方が、
ウケるしこちらもラクなんです。

でもそこから入ると、
なにしろ結果が出ていません。

 

何のためにやっているのか?

心から納得してやっているのか?

それが腑に落ちて楽しめる人と、
打算や不安でやっている人とでは、
同じテクニックを試しても
結果が違うからです。

 

腑に落ちている人は、
なにをやっても
結婚の方向に向かってしまう
自分になっていきます。

打算で気を引かなくても、
自分らしさで愛されるからです。

その方が結婚生活に入ったら
居心地が良さそうじゃないですか?

 

時間と脳のメモリーは、
大切に使っていきたいところです。

そんなことを考えさせられた、
Tさんの感想でした。

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごし下さい。

「知っててよかった♪」
結婚したいあなたのための
婚活レシピ

無料プレゼント

動画・音声 :38分
テキスト:20ページ

動画・音声・テキストを
いまスグ受け取る

The following two tabs change content below.
1971年東京生、既婚。婚活セミナー講師。パーソナルマリッジコーディネータ。 「『結婚したい』と願っているけれど、婚活が停滞中の30代独身女性が、①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、②半年でプロポーズされ、③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスを専門にしています。 サポートの特徴は①結婚した人たちだけの共通点、②男性心理の先読み、③時間を一番大切にすることの3つです。 いままでの婚活セミナー参加者は287名さま。直接アドバイスを受けたクライアントは93名さま。うちご結婚されたのは、71%の66名さまいらっしゃいます(2017年4月現在)。 もしあなたも『最後の婚活にしたい』と思われたら、この無料婚活セミナーを体験してみてください。」