婚活コミュニケーション

とっさのレディファーストに「あっ、すいません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんばんは、
リョージです。

今回も、
どうすればあなたらしい
コミュニケーションで
出会い⇒恋愛⇒結婚へと流れるのか?
というお話しです。

 

あなたがエレベーターに乗ろうとした時、
男性が扉をおさえて先に通してくれた、
そんな経験はされていると思います。

あくまでボクの経験値なのですが、
その時に
「あっ、すいません」
というリアクションの女性が
とても多いような気がしています。

「あなたに魅力がないからよ」
と言われればそれまでなのですが、
お年を召した女性ほどごく自然に
「ありがとう(^^)」
とおっしゃるのです。

 

女性の厚意に
「ありがとう(^^)」
じゃなくて
「あっ、すいません」
と言う男性も多いですよね?

どうして「あっ、すいません」
と脊髄反射してしまうのでしょう?

 

前回の
「いえいえそんなことないですー」
を復習をすると・・・

人は誰でも
『私を見てほしい、認めてほしい』

でも大人がそれを言うと、
ワガママに見られ嫌われそう。

だから、
「『私のことを大切にしてほしい』
なんて思っていない体」で過ごしている。

 

大切にされない自分(されたいのに)が
デフォルトだと、
レディファーストを受け取り満たされる
というオプションをなくしてしまいます。

だから「ありがとう(^^)」より
「あっ、すいません」の方が
相応しい自分だと、
無意識のうちに勘違いしちゃうわけです。

 

解決策はカンタンです。

「いえいえそんなことないですー」
「あっ、すいません」
のかわりに
「ありがとう(^^)」
と受け取れば欲求は満たされます。
婚活コミュニケーション

が・・・

 

「1日100回『ありがとう』と言おう!」
的なことでは(極端ですが)、
脊髄反射が「あっ、すいません」から
「ありがとう」に変わるだけです。

中身は同じですからあなたが得るものは、
『私を見て』から『もっと私を見て!』
になるので、
『もっと私を見て!』なんて思ってない
体(てい)で生きる人生です。

 

お見合いの食事代を男性が払ってくれる、
というわかりやすいシチュエーションで
「ごちそうさまです」
と言えない女性はほぼいないでしょう。

ではこの「ごちそうさまです」は、
言うことになってるから
楽しくなかったとしても言ってるのか?

『私のことを大切に扱ってくれた』
その厚意に対するお礼として
「ごちそうさまです」なのか?

気持ちによって、
あなたが得ているものが違っています。

(男性側も「払うルールだから
払ってるのか?」という問題もあります。
それはコチラで詳しくお話しします)

 

前者は、
『ちゃんと礼儀をわきまえている自分』
と見られたい。

後者は
『自分を満たしてくれた』
相手を認めている。

お見合い結果は別として後者の方が、
またあなたの『大切にしてほしい』を
満たしてもらえるコミュニケーションと
わかりますよね?

フォーカスを相手に移せば、
「私のことをもっと大切にして」
という態度をとらなくても
あなたの『大切にしてほしい』欲求は
満たされます。

 

でも
「やってますがわかってもらえません」
という声も多いです。

やっぱり男性がイケてないんでしょうか?

そのへんはまた次回。

 

ps.
今回の
①『私を見て』をガマンし続けると
②「あっ、すいません」となり
③それでも自分を見てもらえない
については、
「ワクワクで行こう♪」ガルシア先生
とても丁寧に説明されています。

ぜひ参考にしてみてください。
「謙遜が自意識過剰を生み出している」

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごしください。

無料婚活メールセミナー【レシピのメルマガ】

婚活セミナー

 結婚相手に出会う3つのきっかけの作り方
 魔法のプロフィール写真&文章術
 婚活でも愛が深まるコミュニケーション

趣味に仕事に恋愛にと、1年で結婚したアラフォー働き女子たちの共通点を集めた明日から使える婚活メソッドを、男性心理をひも解きながらお届け中!

詳しくはこちらをクリック

The following two tabs change content below.
1971年東京生、既婚。婚活セミナー講師。パーソナルマリッジコーディネータ。 「『結婚したい』と願っているけれど、婚活が停滞中の30代独身女性が、①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、②半年でプロポーズされ、③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスを専門にしています。 サポートの特徴は①結婚した人たちだけの共通点、②男性心理の先読み、③時間を一番大切にすることの3つです。 いままでの婚活セミナー参加者は287名さま。直接アドバイスを受けたクライアントは93名さま。うちご結婚されたのは、71%の66名さまいらっしゃいます(2017年4月現在)。 もしあなたも『最後の婚活にしたい』と思われたら、この無料婚活セミナーを体験してみてください。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 1年婚活
  2. 婚活コミュニケーション
  3. 違うことをやってみる という選択
  4. 婚活セミナーの効果
  5. 婚活手帳
  6. 婚活が面倒くさい時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP