男性の「まずは友だちから」を間違えるとちょっとヤバいです

コミュニケーション

こんばんは、
リョージです。

 

♂:「付き合って下さい」
♀:「そういう目で見れないんで」
♂:「じゃあ友だちから」
♀:「まあ友だちからなら・・」

男性は友だちと恋人の境目が
あいまいです。

だからまず「友だち」になれれば
『いつかなんとかなるかも』
と思ってしまいます。

でも女性は
もともと気になっていないのに、
さらに気にならない存在に
自分から下がっていった男性を、

その後気になってしまう可能性は
ほとんどないですよね。

 

一度フラれても男性が
関係をつなごうとするのは
なぜでしょうか?

そのくらい好きだから?

どうしても諦められないから?

 

男性は
①自分の好みの中で
②自分(男性)を好きな女性を
③好きになります。

だからふつうに考えると、
フラれた時点で②じゃないので、
彼女との関係は終わりなわけです。

 

男性が関係をあきらめないのは、
「それでもまだ好き」
ということも考えられます。

でもそれよりも・・・

 

男性は女性に完全に嫌われたら、
男性としての自信を
完全に失うからです。

女性が
誰からも気にされなくなったら、
永遠に満たされないのと同じです。

 

男性は、

嫌われた=彼女から最も遠い自分

という状況は、
なんとしてでも避けようとします。

だから「友だちから」とか
媚びてきたりとかします。

でもそれが女性からすれば、
逆効果なんですよね。

これは
女性が気にかけてほしい時に、
怒ったフリをしてしまうのに
似ています。

 

それでも本能的に
嫌われたくない行動を
とってしまうのが男性なのです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ではこれを知ったあなたは
これからの男女関係に
どう活かしていくか?

 

まず
本当に気にならなくて、
今後も関係を持ちたくない
生理的にムリな男性だったら、
気を持たせないことです。

「じゃあ友だちから」
と言うよりも、
「ごめんなさい」
と言ってあげるのが愛情ですし、
自分で身を護ることになります。

 

気になるかならないか
まだよくわからない男性だったら、
「ごめんなさい」より
「友だちから」
にしておいた方がイイでしょう。

あなたの気が変わった時、
彼はもう他の女性を
好きになっている、
ということはよくありますから。

 

もし自分も少し気になっていて
彼も「好き」と言っているのに、
引いてしまったり
試すようなことをしてしまうなら、
これは男性の問題ではありません。

『愛されるはずがない私』
『男性に抵抗感がある私』
などのセルフイメージが問題です。

2人の生活で幸せになりたいなら、
まず自分をなんとかしましょう。

 

男性の軸がわかっていて
男性の言動をちゃんと観ていれば、
落ち着いて上手に対処できます。

男女の違いの知識と観察力が、
結婚に現実感を持てるようにします。

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごし下さい。

「知っててよかった♪」
結婚したいあなたのための婚活レシピ

5つのヒミツ
無料プレゼント

動画・音声 :38分
テキスト:20ページ
↓↓↓詳しくはこちらをクリック

【ライブセミナーのご案内】

→ いまスグ申し込む
2018年8月25日(土)12:30-15:30 青山
2018年9月8日(土)13:00-16:00 青山
2018年9月9日(日)14:00-17:00 青山
2018年9月24日(月祝)12:30-15:30 青山
詳しくはこちら


【コミュニケーションセミナーのご案内】

準備中
詳しくはこちら


【愛されモテ服講座のご案内】

次回は秋バージョンを予定
詳しくはこちら


 

The following two tabs change content below.
1971年東京生まれ、既婚。 婚活セミナー講師、結婚コンサルタント、仲人士。 『結婚したい』と願っている婚活中のアラフォー女性が、 ①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、 ②半年でプロポーズされ、 ③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスが専門。 ★「いつも晴れやかな気分で婚活に戻る」 ★「結婚した人たちだけの共通点」 ★「男性心理の先読み」 この3つがサポートの特徴。 いままでの婚活セミナー参加者は328名。 直接アドバイスを受けたクライアントは104名。 うちご結婚されたのは、71%の74名さまいらっしゃいます(2018年2月現在)。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。