なぜ復縁や「彼が忘れられない」のはいつも女性なのか?

コミュニケーション

こんばんは、
リョージです。

 

『よくわからないけれど、
彼のことが思い浮かんでくるんです』

『むしろムカつくくらいなのに、
なんか心がザワつくんです』

よくいただくご相談です。

そんな時に
頭で恋愛を理解しようとすると、
よけいにワケがわからなく
なってしまうのが女性のようです。

 

結婚が決まる時も、
お目当の彼ではなく
はじめはよくわからなかった男性、
ということがよくあります。

妥協したわけではなく、
追っている時より
追われている時の方が
幸せなようです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

実は女性には、
男性との関係において
好きか嫌いかの区別がありません。

「好き」
という言葉と使っていたとしても。

男性に対して、
食べ物のように明確な
好き嫌いの基準は
そもそもないのです。

だから
「本当は彼のこと好きなのかな?」
という疑問は
女性にしか思い浮かびません。

また疑問が浮かんだところで、
確信できたたことはないはずです。

 

一方で男性は、
「Aちゃんは好き」
「Bちゃんは違う」
これしかありません。

 

この男女の違いからわかることは、
2つあります。

ひとつは女性は
自分が『気になる』ということは
彼は私を『気にさせている』
と感じてしまいがち、
ということです。

そして
『気にさせている』
ということは
『もしかして私のことが好き?』
と・・・

 

もうひとつは、
男性は一度
「Bちゃんは違う」
と思ったら、
そう簡単に気持ちは変わらない、
ということです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

女性の方が
復縁を求めることが多かったり、
元カレを忘れられなかったりします。

フラれたりフェードアウトされても、

『私がまだ気になるということは
彼もまだ気になっているかも』

と期待してしまいやすいからです。

元彼が忘れられずに
次の恋に行けない時も、
『彼以上に私をわかってくれる人は
現れないかも』
と考えてしまいがちなようです。

 

残念ながら男性には、
女性との関係において
気になるか気にならないかの区別が
そもそもありません。

好きか嫌いかしかありませんから、
振られたりフェードアウトされたら
『嫌われた』のです。

彼の方から離れて行った場合も
同じです。

なので復縁はまずありません。

 

別れをチラつかせて
男性を試すような言動は
かなりの上級編です。

駆け引きは避けておいた方が
無難でしょう。

 

ただ、
お見合いシステムで
一度お断りした男性に
女性から申し込むのはOKです。

まだ人間関係ができていないので、
さほど嫌われたとは思っていません。

そして男性も
『オレのこと気に入ってくれたかも』
といい意味で勘違いするので、
出会える可能性が高いです。

 

一方で、
「セカンドお見合い」と言って
お見合いをして一度断ったけれど、
『よく考えたけれどまた会いたい』
という場合は要注意です。

いまお話ししている
男性心理をよくよく考えてから、
行動しましょう。

そうすればセカンドお見合いは、
かなりの確率で結婚に至っています。

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごしください。

「知っててよかった♪」
結婚したいあなたのための婚活レシピ

5つのヒミツ
無料プレゼント

動画・音声 :38分
テキスト:20ページ
↓↓↓詳しくはこちらをクリック

【ライブセミナーのご案内】

→ いまスグ申し込む
2018年8月25日(土)12:30-15:30 青山
2018年9月8日(土)13:00-16:00 青山
2018年9月9日(日)14:00-17:00 青山
2018年9月24日(月祝)12:30-15:30 青山
詳しくはこちら


【コミュニケーションセミナーのご案内】

準備中
詳しくはこちら


【愛されモテ服講座のご案内】

次回は秋バージョンを予定
詳しくはこちら


 

The following two tabs change content below.
1971年東京生まれ、既婚。 婚活セミナー講師、結婚コンサルタント、仲人士。 『結婚したい』と願っている婚活中のアラフォー女性が、 ①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、 ②半年でプロポーズされ、 ③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスが専門。 ★「いつも晴れやかな気分で婚活に戻る」 ★「結婚した人たちだけの共通点」 ★「男性心理の先読み」 この3つがサポートの特徴。 いままでの婚活セミナー参加者は328名。 直接アドバイスを受けたクライアントは104名。 うちご結婚されたのは、71%の74名さまいらっしゃいます(2018年2月現在)。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。