こんばんは、
リョージです。

クライアントさんから、
「お見合いをお受けします」
との報告がありました。

それ自体はいつものことなのですが、
その理由が結婚が決まるパターン
そのものだったので、
あなたにもシェアします。

 

「条件面では色々思うところがあり、
今までの私だったらお断りしています。

でも今までと違うことをすることで、
新しい発見や今後に生かせることが
あるかもしれないと思っています。

コメント欄には
魅かれるものがありましたので、
その点を楽しみに、
当日に臨みたいと思います」

 

このお相手とはどうなるかは、
誰にもわかりません。

でもこのスタンスで会い続けると、
予想もしていなかった男性と
ご結婚されます。

ポイントは、
出会いの可能性を広げる行動と、
1人の男性に絞り込む行動を、
分けてやることです。

 

いつまでもウダウダしてしまう方は、
60点の方に出会っても、
マイナス40点の方にフォーカスします。

起きてもいない先々のことを
シミュレーションして、
不安になって関係を切ってしまいます。

それを毎回やっているので、
結局パートナー候補の基準になる人が
常にいません。

基準は自分の空想なので、
実際には存在しないような人を
追いかけ続けてしまう・・・無自覚に。

 

まずは3ヶ月、
出会いの可能性を広げることだけ
やってみてください。

どんな男性に好かれるのか?

どんな男性に断られるのか?

(断られることを想定していなくて、
過剰にショックを受ける女性が
けっこういらっしゃいます)

なにはなくとも、
自分の立ち位置を理解しましょう。

婚活はそこからスタートです。
早く結婚したい時は、2つのことを分けて考えよう

 

「生理的に無理」は
永遠にムリとして・・・。

複数の選択の機会をもらえたら、
出会った男性たちの中で
より自分にしっくりくる方はどっち?

と見ていけば、
自分の好みに少しずつ気付くし、
ボヤッとしていた『好み』が
少しずつ明確になって
迷わなくなってきます。

時間と人数の限られた選択の中で、
より自分の好みに近い男性を
選び続ければ(選んでもらえれば)、
今の時点で最高の選択ができます。

 

あとの細かな調整は、
人間はふつう成長し続けていますから、
結婚後になんとかなってしまいます。

結婚して行かれた方は、
このようなプロセスで出会って
恋愛してしあわせになられています。

いままでの選択方法(条件面)
の結果がいまですから、
今回の彼女の違うことをやってみる
という選択は、
ボクは100%支持します。

3ヶ月後が楽しみですね♪

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごしください。

[ad_semi]

 

The following two tabs change content below.
1971年東京生まれ、既婚。 婚活セミナー講師、結婚コンサルタント、仲人士。 『結婚したい』と願っている婚活中のアラフォー女性が、 ①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、 ②半年でプロポーズされ、 ③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスが専門。 ★「いつも晴れやかな気分で婚活に戻る」 ★「結婚した人たちだけの共通点」 ★「男性心理の先読み」 この3つがサポートの特徴。 いままでの婚活セミナー参加者は328名。 直接アドバイスを受けたクライアントは104名。 うちご結婚されたのは、71%の74名さまいらっしゃいます(2018年2月現在)。