こんばんは、
竹内リョージです。

 

私たちの親の世代は、
結婚は生活の手段であり経済問題
という意味合いが強い時代でした。

その親の教育を受けた私たちも、
結婚をそう捉えがちです。

では私たちをとり巻く環境は、
お母さんがあなたと同じ年の頃と
くらべてどう変わったでしょう?

 

まだ完全にとは言えませんが、
女性の社会進出が進みました。

それによって、
生き方の選択肢が増えました。

ということは男女ともに
選択の自由の分、
責任も増えています。

 

大黒柱と専業主婦(と子供たち)、
というパターンで割り切れなく
なってきています。

家事分担や共働き、
育児休暇という言葉は
私たちの親の世代では珍しかった、
もしくはなかったでしょう。

また生活の手段であり経済問題
と割り切った結果、
熟年離婚なんて現状も生まれました。

 

私たちは選択の自由が増えた分、
責任も増えています。

本来1人で支えていけるものか?
とボク個人的には考えています。

 

そこで
いち家庭人として大切と思うのが、
愛ある結婚生活です。

愛とはラブラブという意味よりも
(したい時はぜひしてください)、
「お互いの成長を心から望む」
というお互いのあり方です。

わかってくれる人がいる環境は、
女性にとっても男性にとっても
これ以上安定した基盤はないでしょう。

 

私たちは親から結婚を
生活の手段であり経済問題である、
という言葉を使わずに
そのように教育されてきた
傾向にあります。

もちろん両方に悪気があるどころか、
幸せを願えばこそです。

ただ時代があまりにも違うので、
私たちは私たちに合った
パートナーシップが必要です。

 

その基盤になるのが、
これだけシステマチックな
世の中であるほど「愛情」です。

生活の手段で経済的基盤であることは、
もはや大前提です。

なので婚活でもぜひ、
恋愛を楽しみましょう。

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごし下さい。

【ライブセミナーのご案内】

→ いまスグ申し込む

2018年4月28日(土)11:00-13:30 銀座
2018年4月29日(日)13:00-15:30 青山
2018年5月13日(日)13:30-16:00 青山
2018年5月16日(水)19:00-21:30 青山
2018年5月26日(土)13:00-15:30 青山

詳しくはこちら

友だち追加 LINEで検索は→ @xsf3838o をコピペ

 

The following two tabs change content below.
1971年東京生まれ、既婚。 婚活セミナー講師、結婚コンサルタント、仲人士。 『結婚したい』と願っている婚活中のアラフォー女性が、 ①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、 ②半年でプロポーズされ、 ③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスが専門。 ★「いつも晴れやかな気分で婚活に戻る」 ★「結婚した人たちだけの共通点」 ★「男性心理の先読み」 この3つがサポートの特徴。 いままでの婚活セミナー参加者は328名。 直接アドバイスを受けたクライアントは104名。 うちご結婚されたのは、71%の74名さまいらっしゃいます(2018年2月現在)。