あなたを幸せにしてきたもの、これから幸せにするもの

早く結婚したい

こんばんは、
リョージです。

 

昨日から大阪に来ています。

直前のご案内にもかかわらず、
個人セッションに
お越しくださったみなさん、
ありがとうございます(^^)

やっぱりブログやメルマガを
読んでくださっていると、
「はじめまして」
な感じがしないですね。

率直に心を開いてくださる方が多いので、
とても嬉しく感じます(^^)

 

さて今回もそうですが、
ボクは結局いつも
1回目のセッションでは、

今回お話しすることを
クライアントさん個々の
ご事情に合わせて
お伝えしているんだなと思います。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

安心とか穏やかとか
満たされているとか
頼もしいとか守られているとか
楽しいとか嬉しいとか
自由とか開放感とか・・・

あなたが幸せを感じている時って、
これらを感じる
「できごと」や「ものごと」と
接している時です。

幸せになるとは、
幸せにさせられている
できごとやものごとを、
まず知ることです。

 

「このバーニャカウダ美味しい♪」
みたいに食べ物とか、

映画とか音楽などの
「もの」に対して
好みや幸せを感じている時は、
誰でもすぐにわかります。

これらが好きで
何度も経験済みだから、
すぐに思い出せるし
すぐに満たされた気分になれます。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ところが・・・
男女のコミュニケーション、
出会いとか恋愛とか
結婚生活とかの場面だと、

いつ自分が幸せを感じているのか、
急には出て来づらかったりします。

なぜかというと、
男女のコミュニケーション
という分野での好みが、

経験が少ないと
まだよくわからないからです。

傷つきたくないことなら、
すぐに出て来ますけどね。

 

だからもし、
男女のコミュニケーションでの
あなたの好みが
だんだんわかって行くと、

ものごとに対する決断力や判断力
だんだんと磨かれていきます。

好みを間違えたり
錯覚したりせずに、
ちゃんと幸せをつかめるように
なっていきます。

これが幸せになって行く、
ということです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

日々のLINEや
お見合いやデートで、
いつ『イイ感じ』や『イイ気分』に
なっているんだろう?

そんなことをちょっと意識しながら
過ごし始めてみると、

男性のお金や会社や顔にしか
心が動かない人たちとは
別の生き方になります。

 

男性のお金や会社や顔に、
安心・安定・豊かさや自由などの
幸せを感じて生きたいのか?

男性とのコミュニケーションで、
安心・安定・豊かさや自由などの
幸せを感じて生きたいのか?

幸せの度合いとして、
どちらがより大切そうなのか?

モノと気持ち、
片方だけでイイのか、
両方に幸せを感じて生きたいのか?

選択は自由です。

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごしください。

 

「知っててよかった♪」
結婚したいあなたのための婚活レシピ

5つのヒミツ
無料プレゼント

動画・音声 :38分
テキスト:20ページ
↓↓↓詳しくはこちらをクリック

【ライブセミナーのご案内】

→ いまスグ申し込む
2018年12月1日(土)13:30-17:00 青山
2018年12月16日(日)13:00-16:30 青山
詳しくはこちら


【コミュニケーション講座のご案内】

→ いまスグ申し込む
2018年11月25日(日)より開催
詳しくはこちら


【パートナーシップ研究会のご案内】

→ いまスグ申し込む
出会い・恋愛・夫婦生活・・・いつでも聴けてなんでも話せる♪守られたクローズな場
詳しくはこちら


【メイク講座のご案内】

先行案内受付中
詳しくはこちら



 

友だち追加 LINEで検索は→ @xsf3838o をコピペ

 

The following two tabs change content below.
1971年東京生まれ、既婚。 婚活セミナー講師、結婚コンサルタント、仲人士。 『結婚したい』と願っている婚活中のアラフォー女性が、 ①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、 ②半年でプロポーズされ、 ③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスが専門。 ★「いつも晴れやかな気分で婚活に戻る」 ★「結婚した人たちだけの共通点」 ★「男性心理の先読み」 この3つがサポートの特徴。 いままでの婚活セミナー参加者は328名。 直接アドバイスを受けたクライアントは104名。 うちご結婚されたのは、71%の74名さまいらっしゃいます(2018年2月現在)。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。