ご縁のなかった出会いの扱い方で結婚は決まっています

婚活体験談

こんばんは、
竹内リョージです。

 

ここのところ出会いに限らず、
ちょっとしたイイことを体験した
クライアントさんたちから、
いくつか報告をいただいています。

 

ボクとの月1セッションに
来られた方は、

「今日おろしたてのヒールを
履いていたらいつの間にか、
かかとから血が出ていました。

気づかなかった私に
後ろからお姉さんがやってきて

『これ使って下さい』
と大きさの違うバンソウコウを
いくつかくれたんです。

感激して
『私もあんな女性になりたい!』
って思いました」

 

お見合いで
福岡から品川に来られた方は帰りに、

「品川で京急線に乗ろうとしたら
入場できずに手こずっていたら、

別れた後だったのですが
彼が戻って来てくれました。

初めお会いした時は声が小さくて
頼りない感じでしたが、
頼もしく感じました。

またお会いしたいと思います」

で交際成立。

 

お見合いの時は『?』だった方は
その後カレと、

「とてもイイ感じに進んでいます。

可愛がってくれし
褒めてくれるので、
私ももっと気持ちを伝えたいと
はじめてLINEスタンプを
買ってみました。

自分っぽいやつを。

そうしたらもっと
たくさん褒めてくれるので、
私も仕事を頑張っている彼を
もっと応援したい気持ちに
なってきます」

 

7ステップでコツコツやっていると、
急に運命の彼は現れませんが
みなさん小さな幸せに敏感
なっていかれます。

なんでそうなっちゃうのか!?
はこちらでお話ししています。

小さな幸せに敏感になる
ということは、
プラスの感情でいられる時間が
だんだん長くなっていってます。

つまり、
幸せはもう始まっている
ということです。

 

男性は幸せそうな女性に惹かれ、
その幸せを守ろうとします。

だから幸せに敏感な女性は、
結婚が早いです。

喜びを表現できると、
男性はもっと喜ばせようと
がんばるからです。

打算でない
心からの喜びが伝わらないと、
男は喜んでくれる他の女性を
探し始めます。

 

今後のご縁はわからないけれど、
体験で得られた感情は残り
幸せに敏感な私は育ち続けます。

ご縁がなかった彼たちも、
あなたの結婚に
一役買ってくれています。

それに気付くと
新たな出会いそのものが、
苦痛から幸せのプロセスに
感じ方が変わるでしょう。

その感じ方そのものが、
幸せだったりしています。

つまり幸せにしか、
なりようがないのです。

 

それでは明日も元気で明るく
健やかにお過ごし下さい。

「知っててよかった♪」
結婚したいあなたのための婚活レシピ

5つのヒミツ
無料プレゼント

動画・音声 :38分
テキスト:20ページ
↓↓↓詳しくはこちらをクリック

【ライブセミナーのご案内】

→ いまスグ申し込む
2018年11月3日(土)13:00-16:30 心斎橋
2018年11月10日(土)13:00-16:30 青山
2018年11月11日(日)13:00-16:30 青山
詳しくはこちら


【結婚明確ワークショップのご案内】

ハピコン相談所、大安ケイコさん主催
2018年11月23日(金祝)13:30-17:00 都内
受付準備中


【夜のシークレットラブ・セミナーのご案内】

詳しくはこちら


【コミュニケーションセミナーのご案内】

先行案内受付中
詳しくはこちら


【メイク講座のご案内】

先行案内受付中
詳しくはこちら


【愛されモテ服講座のご案内】

先行案内受付中
詳しくはこちら


【うつのみや婚活塾のご案内】

※宇都宮にお住まい、お勤めの方
2018年10月27日(土)13:30-16:30 ジョワ・デ・サンス(宇都宮美術館内)
詳しくはこちら



 

友だち追加 LINEで検索は→ @xsf3838o をコピペ
The following two tabs change content below.
1971年東京生まれ、既婚。 婚活セミナー講師、結婚コンサルタント、仲人士。 『結婚したい』と願っている婚活中のアラフォー女性が、 ①3ヶ月で結婚前提の彼が現れ、 ②半年でプロポーズされ、 ③1年後にしあわせな家庭を築くことを目指すための結婚相手の紹介とアドバイスが専門。 ★「いつも晴れやかな気分で婚活に戻る」 ★「結婚した人たちだけの共通点」 ★「男性心理の先読み」 この3つがサポートの特徴。 いままでの婚活セミナー参加者は328名。 直接アドバイスを受けたクライアントは104名。 うちご結婚されたのは、71%の74名さまいらっしゃいます(2018年2月現在)。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。